HOMEブログ店長ブログ >梅雨の湿気に5つの対策

梅雨の湿気に5つの対策

2019/06/20

みなさん、こんにちは! おそうじのプロ、おそうじ本舗魚津滑川店です

 今日は、梅雨の時期の湿気対策についてお話していきたいと思います。

 

お部屋の中がジメジメとするのはイヤですよね対策をしている方も多いのではないでしょうか?

もし、まだ何もしていない方は必見ですよ 

 

今日は簡単に出来る5つの湿気対策をご紹介します

 

 

~簡単にできる湿気対策~

 

 

その 晴れた日は窓を開ける

 空気の流れが悪い部屋は、湿気やホコリが溜まりやすくカビやダニが繁殖しやすい環境を作ってしまいます。晴れた日は窓を開け、外の空気を取り込みましょう!

窓が複数あれば、一つの窓を入り口として小さく開け、もう一つの窓を出口として大きく開けると効果が高まります。空気の通り道をつくる!ことが一番簡単で最も大切になります。

 

 

その とびらを開放しよう

 家の中でもキッチンは水場もあり、火もあり、室温・湿度ともに変化が激しい場所です。キッチンの中で最も湿気がこもるのはシンク下です。排水パイプを通じてお湯の熱も伝わるので、カビの生える条件も揃っています。シンク下に食料品を貯蔵するのはやめましょう!シンク下の湿気を防ぐには、ときおり扉を開放して換気しましょう。さらに月に一度は収納してあるものを全部出してチェック!必要ないものがあれば廃棄して、あまり物を詰め込みすぎないようにしましょう!

 

 

その 湿ったものはしまわない

 押し入れは湿気がこもりやすい最大の空間です。特に毎日寝具として使っている布団をしまっている場合は、夜の間に体から出た汗で押し入れの中が湿気で充満してしまいます。布団は定期的に干すようにするか、布団乾燥機を活用しましょう!

 

 

その 衣類は一度干してからしまう

 衣類は脱いですぐは、それなりに湿気もたまっています。しばらくは室内の風通しの良いところにかけて、熱と湿気を抜いてからクローゼットにしまいましょう!

 

 

その 湿気を取るアイテムを置く

 

【湿気を取るアイテム】

 

重曹ー小皿や小瓶に重曹を入れて、湿気の多い場所に置いておきます。ニオイ取りにも効果があるので下駄箱などに入れておくのもおススメです!湿気を吸った重曹は塊になります。固まった重曹は捨てる前におそうじにも活用できます!

 

ー炭の表面には微細な穴があり、湿気やニオイを吸収しやすい性質があります。竹カゴなどに入れるとインテリアとしても活用できます。効果がなくなったなと感じても、天日干しをすると繰り返し使えるそうです!

 

新聞紙ー新聞紙は紙の表面がデコボコしているため、普通の紙よりも水分を吸収します。湿気が気になる場所に敷いておくだけ、あるいは置いておくだけなのでお手軽にできる方法ですね!

 

B型シリカゲル(お菓子の乾燥材)

B型シリカゲルは吸湿量が多く、室内が一定の湿度になれば吸湿し、逆に湿度が下がれば湿気を放出するので乾燥しすぎてしまうことがありません。さらにお部屋の湿気だけでなく、ニオイも吸着して取り除いてくれます。袋や容器に入れて気になるところに置いておきましょう。吸湿していっぱいになると色が変わるので、その時は天日干しにすれば再度使うことができます!

 

 

今回ご紹介した、湿気対策のための5つの方法は、どれも簡単に始められるものばかりなので、ぜひみなさんも試してみてくださいね

 

それでは今日は、このへんで・・・

いつもありがとうございます

 

 

おそうじ本舗魚津滑川店 

0120-098-444

 

おそうじ本舗魚津滑川店Instagram

www.instagram.com/osouji.takarada/

 

フォローお待ちしております!!

関連のブログを見る