HOMEブログ店長ブログ >節電術①ーエアコン編

節電術①ーエアコン編

2020/02/02

みなさん、こんにちは!

おそうじの味方、おそうじのプロ

おそうじ本舗魚津滑川店です

 

今日は、前回に引き続いて、節電術①エアコン編をご紹介していきたいと思います。

 

 

フィルター掃除で効率アップ

家庭における電力消費量がもっとも大きいエアコンは、取り扱い方しだいで節電の効果がぐんと変わります。

特にフィルターのほこりや内部の汚れによる目詰まりには要注意。

ドライヤーの後ろを手で押さえるのと同じくらい負担がかかり、余分に電気を消費してしまいます。

月に1、2回は掃除をしましょう。

 

 

室外機のまわりにものを置かない

エアコンの室外機のまわりに植木やバケツなどのものを置くと、熱交換のために排気した熱風をまた吸い込み、無駄に電気を使ってしまいます。スッキリとさせて風通しをよくすることが大切です。

 

 

こまめなスイッチオン・オフに注意

エアコンは起動時に電力を多く使うため、こまめにオン・オフを繰り返すと節電には逆効果。

連続で使用する場合は、自動で室内の温度を保ってくれる「温度調節機能」(機種によって名称が異なる)を使うとよいでしょう。ひとたび室内が設定した温度に達すれば、あとは温度をキープする少ない電力消費だけで済みます。

起動時のような急激な電力消費を避けられるのでおすすめです。

 

 

エアコンの風向きを考えよう

冷たい空気は上から下へと流れるもの。エアコンの吹き出し口を上向きにして冷房をきかせると、部屋全体に冷気がまわるように。逆に、暖かい空気は上方にたまるため、暖房の場合は下向きにしましょう。

冷房、暖房どちらの場合も、扇風機やサーキュレーターを併用するのがおすすめ。

床や天井にたまった冷気や暖房を循環させることができます。

 

 

 

 

それでは、今日はこのへんで・・・

いつもありがとうございます

 

 

 

おそうじ本舗魚津滑川店

0120-098-444

 

おそうじ本舗魚津滑川店・Instagram

www.instagram.com/osouji.takarada/

フォローお待ちしております!!

関連のブログを見る